二十四節気のスピリチュアルな過ごし方

2023年大寒のスピリチュアルな過ごし方【しなやかな柳の在り方】

この記事は大寒のスピリチュアルな過ごし方を学ぶ記事です。

 

2023年大寒はいつ?

2023年1月20日です。

1月20日~2月3日頃。

 

大寒とは

二十四節気の一つで二十四番目の時期

 

小学校六年生でもわかる大寒の説明

大寒(だいかん)とは、一年でいちばん寒さが厳しくなる頃です。

大寒のスピリチュアル的な意味は

大寒のエネルギーはどんなエネルギーなのか

大寒は、太陽黄径300度で起こります。

大寒は一年のうちで最も寒さが厳しい時期です。

また、冬の最後でもあり、二十四節気の最後でもあります。

一番寒い時期で、そして人にとっては一番過ごしにくい時期です。

大寒の時期は、この寒さを利用して「寒仕込み」が行われます。「寒仕込み」という言葉はお醤油やお味噌、日本酒を「寒」と呼ばれる時期に仕込む事を言います。

昔から、最も寒さの厳しい時期だからこそ、その寒さと乾燥から雑菌が少なく、腐りにくいと考えられていたからこその習わしです。

冬という試練は、最大級の人生のうまみを引き出します。

それは冬の時期には気づきません。

春の温かい時期、伸びる夏の時期、実る秋の時期に、この冬のすべてが反映されます。

立春に切り替わる春の芽吹くエネルギー。

その一歩手前の大寒は、まるで柳のように、雪が積もっても折れることがない、しなやかな心で自分自身の課題と向き合うエネルギーなのです。

魂と繋がる大寒のテーマ

しなやかな柳の在り方

 

 

 

おわりに

 

 

 

 

ヨフィエルの家公式ラインに登録すると、今なら無料であなたの魂と繋がるパワーストーン診断を受けることができます^^

いつサービスを終了するかはわからないので、今のうちに是非登録して診断をしてみてください(´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧