旧暦で魂と繋がるリズムをつかみ開運する講義

2022年処暑のスピリチュアルな過ごし方【Calming-カーミング(鎮静)】

2022年の処暑はいつ?

例年は8月23日か24日頃ですが

 2022年は8月23日 火曜日です。

処暑とは

二十四節気の一つで十一番目の時期

小学校六年生でもわかる処暑の説明

処暑とは、暑さが終わるという意味です。

暑気止息する、いわゆる残暑の時期です。

処暑と台風

昔から処暑の頃は台風が来やすい時期とされていました。台風特異日とされているほかにも、この時期は激しい夕立が降ることもよくあります。

最近は豪雨による被害も多いですね。特にこの処暑の時期は急な雨への対応ができるような準備や、防災備品の見直しをするのはおすすめです。

処暑に食べるとエネルギーが高まる旬の食べ物

処暑には、さつまいも、梨、ぶどう、かぼす等が旬に辺ります。

どれも秋を感じさせる食べもので目を楽しませてくれるばかりか、

身体に有益な作用をもたらしてくれるものばかりですね。

処暑のスピリチュアルな意味は?

処暑のエネルギーはどんなエネルギーなのか

処暑は太陽黄径150度で起こります。

処暑の時期は暑さが和らぎ始める時期です。

この時期は台風がよく来る時期でもあり、農家の三大厄日の一つともいわれ、稲の収穫の無事を祝う儀式などが行われることも多いです。

そして、それと同時に春からずっと育ててきた成果を得ることを感じてくる時期でもあります。

暑い夏を乗り越え、少しずつ暑さが和らぐこの自然の流れのように、

処暑の時期は、高まったエネルギーを少しずつ眺めたり収穫する準備をする時期です。

刈り取りに向けた準備として、自分自身を鼓舞してきた疲れを癒しながら、ゆったりと秋の気配と共に流れてくるひそやかな静けさに心をゆだねてみるといい時期です。

魂と繋がる処暑のテーマ

Calming-カーミング(鎮静)

私は、不必要な分の気の高まりを鎮め、和やかにし、穏やかさを見出します。

おわりに

この時期の豪雨は本当に年々ひどくなっているような気がします。備えあれば憂いなし。

そして、このような自然の荒さが、私たちはこの大地に生かされているのだということを思い出させてくれます。我(エゴ)を通すことがいかに愚かであるかは自然の中に身を置くほど思い知らされますね。

暑さが少しずつ落ち着くのは嬉しいことでもありますが、夏のように過ごしていると体調を崩しやすくなりますので、体に気を付けながら過ごしていきましょう。

 

 

関連記事一覧