旧暦で魂と繋がるリズムをつかみ開運する講義

2022年白露のスピリチュアルな過ごし方【移ろいの自己信頼】

この記事は白露のスピリチュアルな過ごし方を学ぶ記事です。

2022年の白露はいつ?

2022年9月8日木曜日です。

白露とは

二十四節気の一つで十五番目の時期

 

小学校六年生でもわかる白露の説明

処暑の後に続く仲秋の季節で、その名の通り

白い露ができる時期のこと。

この頃には朝晩は涼しい日が増えて、その温度差で

露が出来やすくなっていく様が名前の由来となってます。

白露のスピリチュアルな意味は?

白露のエネルギーはどんなエネルギーなのか

白露は太陽黄径165度で起こります。

白露は、秋であることをはっきりと感じられる時期です。

9月は重陽(ちょうよう)の節句と言い、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んだりして、不老長寿を願う行事です。

夏の終わりである白露。

陽の気に満ちる夏に対して、陰の気が強くなるのが冬です。

夏から秋へ季節が移り変わる中で、沸き立つ陽気なエネルギーから、静かなエネルギーへの移行は、陰から陰への移り変わりよりも寂しさやノスタルジックな気持ちになることもあるかもしれません。

また、この時期は十五夜があるタイミングでもあります。

月夜を見つめることで、この陽から陰の移行をスムーズにしてくれるかもしれませんね。

移行期は自身の気持ちが不安定にもなりやすいです。

一人で抱え込まず、借りられる周囲の手を借りて、ネガティブな意味での孤独感をやわらげて乗り越えていきましょう。

白露に食べるとエネルギーが高まる旬の食べ物

さといも、しめじ、舞茸、サンマ、栗が、主な旬のものです。

さといもは、子孫繁栄の縁起物として祝い事に用いられており、しめじは、一般的に流通しているのは「ぶなしめじ」で歯応えもよく、クセのない味で様々な料理に重宝されます。

舞茸も同様ですが、気を補い、五臓の働きを助けてくれます。

秋刀魚と書いてサンマ、まさに旬の魚ですね。

値段も手頃で青魚で様々な栄養価の高い食材として人気ある魚。

こちらも代表的な秋の味覚、栗。

胃腸の働きを助けてくれて、足腰の衰えや頻尿などにも効果的です。

ちなみに日本で一般的に栽培されているのはニホングリで、天津甘栗はチュウゴクグリです。

魂と繋がる白露のテーマ

移ろいの自己信頼

どんなに今揺れ動いても、私は自分の最善へと向かっています。

おわりに

季節は実り物がおいしい時期になってきましたね!

十五夜があるこの時期、すこし気持ちをゆるめて夜空を見上げてみると、自分の中でくすぶっていた感情が解放されていくかもしれません。

 

 

 

関連記事一覧