コラム

四季で魂と繋がるリズムをつかむ

 

季節の区分

 

立春-立夏 → 春

立夏-立秋 → 夏

立秋-立冬 → 秋

立冬-立春 → 冬

 

 

2020年(令和2年)二十四節気および雑節一覧

 名称   太陽黄経 中央標準時   名称   太陽黄経 中央標準時
小寒 285度 1月6日 6時30分   寒露 195度 10月8日 4時55分
大寒 300度 1月20日 23時55分   霜降 210度 10月23日 8時00分
立春 315度 2月4日 18時03分   立冬 225度 11月7日 8時14分
雨水 330度 2月19日 13時57分   小雪 240度 11月22日 5時40分
啓蟄 345度 3月5日 11時57分   大雪 255度 12月7日 1時09分
春分 0度 3月20日 12時50分   冬至 270度 12月21日 19時02分
清明 15度 4月4日 16時38分          
穀雨 30度 4月19日 23時45分   土用 297度 1月18日 1時12分
立夏 45度 5月5日 9時51分   節分   2月3日  
小満 60度 5月20日 22時49分   彼岸   3月17日  
芒種 75度 6月5日 13時58分   土用 27度 4月16日 22時06分
夏至 90度 6月21日 6時44分   八十八夜   5月1日  
小暑 105度 7月7日 0時14分   入梅 80度 6月10日 19時28分
大暑 120度 7月22日 17時37分   半夏生 100度 7月1日 18時20分
立秋 135度 8月7日 10時06分   土用 117度 7月19日 14時13分
処暑 150度 8月23日 0時45分   二百十日   8月31日  
白露 165度 9月7日 13時08分   彼岸   9月19日  
秋分 180度 9月22日 22時31分   土用 207度 10月20日 7時38分

 

季節のリズムに乗った古来からの風習とポイント早見

 

春ー土づくり、種まき、間引き

夏ー水やり、除草、手入れ

秋ー結実、収穫、味わう

冬ー片付け、整理、振り返り、休息

 

 

年間リズムの解説

春ー土づくり、種まき、間引き

準備、計画、願い事(土作り、種まき)

行動を開始することで様々な芽吹きがありますが、同時にたくさんの芽が出ることもあります。

そのため、夏に入る前に、ある程度エネルギーを注ぐものを絞りこむ作業が必要になります。(間引き)

 

夏ー水やり、除草、手入れ

夏至から秋に向かう時は、一番エネルギーが動く動の時期です。
一点集中して手塩にかけて決めたことに対して育て伸ばしていきます。(水やり、除草、手入れ)

例えば、

畑の植物は一番の成長期!
この時期には妨げになるもの(雑草)をこまめに抜いてゆくことも、
育てたいものをしっかり大きく育てるのに大切です。

 

秋ー結実、収穫、味わう

秋に入ると、これまで育てたものが、
具現化して結果が出てきます。(結実、収穫)

秋分は、ここまでの成果を味わい、感謝する時期となります。

 

冬ー片付け、整理、振り返り、休息

冬至になるまでは、畑の後片付けをして、今年の整理をします。
プロジェクトのまとめや振り返りをするといい時期ですね。(片付け、整理、振り返り)

そして、冬至から立春までは、大晦日、お正月などがあり、しっかり活動を停止させ、春に備える休息の時期へと向かいます。

 

季節と陰陽の関係

 

夏至 陽のエネルギー:活動、成長、育みなど外へ向かうエネルギー
冬至 陰のエネルギー:立ち止まる、考えるなど内に向かうエネルギー

 

 

地球のリズムのポイント

 

私たちがこの地球に生を受けて、必ず体得する必要があることがあります。

それは、私たちも自然の一部と調和した一部であるということです。

陰や陽という定義が存在する理由を私なりに解説すると、

これは地球で生活する上での法則やリズムというものになるという表現です。

陽だけではいけないし、陰だけではいけない。

これが寸分狂いなく法則として成り立っているのはこの地球のリズムです。

 

 

 

おわりに

私たちが幸せに向かいたいと思うとき、

そうであればあるほど、このリズムに乗り、そして自分自身の魂と繋がることが、

開運最強説だと私は定義します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧