INFORMATION

高まりを味わうエネルギーを受け取る立秋COLUMN

 

 

2020年8月7日は二十四節気の一つ『立秋(りっしゅう)』です。

今日はそんな立秋とはどのような時期なのについて解説していきたいと思います。

 

 

立秋とは 

 

 

立秋とは、

夏至と秋分の中間にあたり、暦の上で夏が始まる日です。

 

旧暦二十四節気の一つで、第13番目にあたり、太陽黄経135度で起こります。

 

立秋の期間は8月7日~8月22日までです。

 

夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬の前日までが秋となります。

 

この立秋、「暑いのに秋??」と疑問に思いませんか?

 

『暦便覧』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明しており、

夏が極まり秋の気配が立ち始める日だと解説されています。

 

実際、8月頭からこの立秋のころまで、気候としては一番暑い時期となります。

 

立秋は、「暑さが極まり、秋の気配がする」という意味ということで、

日本古来の粋な季節の捉え方を感じることができますね!

 

 

立秋のエネルギーはどんなエネルギーなのか

 

 

 

立秋は秋の気配がしてくる時期だとしたら、

暑い中でも秋の気配の感じるこの立秋に意識するエネルギーのポイントはどこでしょうか?

 

それは、ずばり、

「成果を受け取って味わう準備をしましょう!」

ですね!

 

陽のエネルギーから、次第に陰のエネルギーへとじわじわと転換が始まります。

 

 

♦ここでもう一度夏至と冬至のエネルギーを対比させたものを出しますね♦

夏至 陽のエネルギー:活動、成長、育みなど外へ向かうエネルギー
冬至 陰のエネルギー:立ち止まる、考えるなど内に向かうエネルギー

 

 

活動している中で、次第に少しずつまた陰に転じていきます。

 

ちなみに、秋のエネルギーはどんなエネルギーかというと…

 

 

秋ー結実、収穫、味わう

秋に入ると、これまで育てたものが、
具現化して結果が出てきます。(結実、収穫)

秋分は、ここまでの成果を味わい、感謝する時期となります。

 

 

このエネルギーは秋分にピークを迎えます。

 

 

さらに、春分と秋分を比較してみましょう♪

 

春分の日
スタート
ゼロから出発

 

 

秋分の日
夏のエネルギーを消化
超過分は昇華、調和させる

 

 

この夏至と秋分の中間である立秋。

 

夏至で高まったエネルギーを

実りあるものへ変換されていく過程を味わっていきましょう。

 

 

立秋の時期にするといい行動

 

 

この夏至から秋分に移り変わる次期。

どんなことをしたら開運に繋がるのかは、

夏至で受け取ったエネルギーを秋分のエネルギーに切り替えしていく作業です。

 

ここで夏至の時にやったらいい行動をおさらいしましょう♪

 

夏至の際にやると開運につながる行動(陽・動のエネルギー)

太陽を浴びる(特に朝日)

瞑想する

体を動かす

太陽に祈りをささげる

夏野菜を食べる

上半期を振り返る

 

そして秋の中でポイントになる秋分の時期にやると開運に繋がる行動はこちら

 

秋分の際にやると開運に繋がる行動(陰・陽の中間)

・太陽のエネルギーを感じる
・1年の後半に向けて新たなスタート
・心と体、身のまわりの浄化
・瞑想と内観
・人間関係の見直し

・今年の成果や目標の達成度を見直す

・秋の作物を食べる

 

 

となります。

 

 

この中間となる立秋は、

まだまだアクティブな自分自身のエネルギーを感じながらも、

少しずつ内側の自分自身にフォーカスを当ててゆき、

調整やバランスを意識していくといいでしょう♪

 

 

おすすめイベント

この開運のターニングポイントになる時期、立秋のリズムを取り入れるイベント、

第16回 石のある暮らし個展~立秋祭~インスタライブを、

7月26日(日)に開催します!

このイベントでは、この立秋のエネルギーの解説や、

パワーストーンオラクルカードを使った、あなたへのメッセージをお届けいたします✨

詳細はこちら

第16回 石のある暮らし個展~立秋祭~インスタライブ 7月26日(日)

 

 

関連記事

https://yofy69.com/yf/archives/7827

https://yofy69.com/yf/archives/6790

 

 

 

 

 

関連記事一覧