コラム

6あなたはいつでもヒーラーになれる

あなたはいつでもヒーラーになれる

 

皆さんはヒーラーという言葉は知っていますか?

ヒーラーとは、簡単に言うと癒し手です。

こういうカタカナ文字だとすごく難しく手の届かないことだと感じてしまう方も多いかもしれません。

しかし、ヒーラー、ヒーリングは、
語源は
ヒーラー 癒す人 、ヒーリング 癒される

単純にこれだけです。

簡単ですよね^^

でも、世の中色んな情報が氾濫していて、
「ヒーラーとはこういうもの」
「ヒーリングとはこういうもの」
「○○を取得すればヒーリングができるようになります」

などなど、
スピリチュアル分野でも今では情報の飽和状態です。

私もそんなことを言いながら、やはり解説には言葉というものが必須なので、
ヒーリング、ヒーラー、ライトワーカー、チャネリング、など、
バンバン専門用語を並べてしまっており…^^;

いつかわかりやすく解説できればとは思っています。

さて、そういうことで、
ヒーラー、ヒーリングとは何ぞやというところですが、

・癒されること
・癒す人

単にこれだけだと私は思っています。

私も「自称ヒーラー」です(笑)

私なりのヒーラー観、ヒーリング観を今日はお伝えさせていただきます。

まずはヒーリングとは

癒しが魂に沸き起こること。
体・心・魂それぞれに、癒されるという感覚を持つこと。

シンプルにこれだけだと思っています。
専門的にもっと言えば言えますが、
そしたら小冊子一冊分くらいなってしまうでしょう(笑)

そしてヒーラーとは

癒す人、癒し手のこと。
これは、自負と対象者が感じてくれること、双方があって成り立つことだと思います。

しかし、ヒーラーとは決して資格ではありません。
ヒーラーとは生き方そのものです。

ヒーラーとして生きると決めたときから、
自らがその生き方をやめると決意しない限りヒーラーです。

特別な事ではありません。

目の前のあの人を癒したい―。
その気持ちが、実際に行動となり、
双方の魂の解放が起こります。

そのため、
「ヒーラーと名乗ってお金を受け取る」ことがヒーラーということだけではありません。

ヒーラーとして生きる自負と心の在り方がまずははじめです。

実際に活動するしないは自由意志の選択ですね。

自分が誰かに癒しを与えたい、そしてそれが実行されたとき、
すでにあなたは誰かの癒し手となっています。

ヒーラーになりたい…

そのように思われたのでしたら、是非、
今からその生き方をすると宣言してみてください。

それだけにこだわる必要はありませんが、

自分の生き方にヒーラーという一つの在り方を選択すること―
それは自分自身の魂の成長の新しい扉を必ず開きます。

そしてヒーラーとして一番必要な事。
それは自分自身が癒されるということを受け取ることができることです。

皆さんが経験したことは、
必ず誰かが必要だから経験していることです。

ヨフィも、どちらかというと波乱万丈な方ですが、
自分自身が乗り越えてきた数だけ、
皆さんはじめ、私の発信に耳を傾けてくださる方々に、
還元することができます。

本当にそれを実感しているので、
昔、とても苦しかった自分が、今解放されて今の自分自身を後押ししてくれています。

少し私の話がお役に立てれば幸いです。

もっと詳しく話を聞きたい、
自分の場合はどうしたらいいの?

という場合は、
是非コアセッションサポートをおすすめします。

なぜかというと、
皆さんの魂に直接アクセスして、
実際に在り方から、ブロックの解除、そして現実的なコンサルティングまで幅広く対応させていただいています。

癒しフェスの経験を通して、たくさんの癒し手の方を拝見してきました。
それも踏まえて、皆さんのオリジナルの在り方を模索していきましょう^^

関連記事一覧