魂と繋がる講義

紅花栄(べにばなさかう)の意味とスピリチュアルな過ごし方

季節の移ろいから感じる美しさや心の機微は、私たちの内なる神性とリンクし、魂からのメッセージを受け取りやすくしてくれます。

そして、日本の暦には「七十二候」と呼ばれる、季節の移ろいを細やかに表現する方法があります。

この暦は、一年を二十四の節気に分け、それぞれの節気をさらに三つに分けたものです。

この記事では、二十四節気の小満の時期の次候、七十二候(しちじゅうにこう)の紅花栄(べにばなさかう※以下かな略)がどんな時期かについて触れていきます。

紅花栄の意味とどんな時期か

紅花栄は、二十四節気の小満の時期の次候、七十二候の一つで、5月26日~30日ころのことです。

紅花が一面咲くころという意味です。

紅花栄にちなんだコラム

紅花は、古くから染料や薬用として重宝されてきました。その鮮やかな赤色は、生命力と情熱の象徴とされ、心身に活力を与えると信じられています。

紅色という色がありますが、紅色とは紅花の濃染による鮮やかな赤色のことです。

また、日本の国旗である日の丸は、この「紅色」と定められており、日本人にはなじみ深い色でもあります。

 

また、平安時代の大作「源氏物語」の中で登場する女性「末摘花」は、彼女の鼻が赤いことを紅花にかけて「末摘花」というあだなをつけたと言われています。

紅花栄のスピリチュアルな過ごし方

紅花栄のスピリチュアルな過ごし方は、小満のスピリチュアルな過ごし方に準じます。

小満のテーマは「まっすぐに伸びる」です。

その他あわせて読みたい関連記事

編集後記

紅花栄のまとめをきっかけに、紅花ってそもそも何なのかをはじめて知りました!紅花と言ったらと聞かれると今までは何も出てきませんでしたね(^-^;

タイムリーにこの時期が来ないと思いつかないこともあるので、また七十二候で興味深いことが出てきたら追記編集をしてきます!

魂と繋がるだけ開運!魂と繋がるパワーストーン無料診断

「魂と繋がるパワーストーン無料診断」では、今のピンとくる6つの色を選ぶことで、あなたの現在の状態や基本的性格、現在の状態・課題、未来が輝くヒントを、パワーストーンのメッセージから読み解きます。

現在の悩みや未来への目標のヒントを一緒に見つけて、魂と繋がり本質的な開運を共に目指しませんか?

診断する

 

 

関連記事一覧